中学受験の歴史には必須の年表

うちの子供は現在小学5年生です。今年から学習塾に通わせています。
地元の中学校は評判が悪く、たまに新聞に悪いニュースが載っているほどで、
夫と相談したところ、中学受験をさせることに決まりました。
私も中学受験をしたので、親に相談に乗ってもらいました
まずは、塾を徹底的に調べあげること。子供の学力に合った塾であること、通いやすいところであこと、経済的に圧迫しない金額であることなど...
塾選びでかなり左右されると言われ、夫と協力して色んな塾を調べました。
結果、自宅から20分程度の有名な学習塾に通うことになりましたが、良い先生も多く、子供も友達が出来たようで楽しく通っていますので
ひとまず塾選びは落ち着きました。
学校の宿題に塾の宿題と、子供は毎日頑張っているようです。
あまり根を詰めるのも良くないので、たまに遊びに連れていっています。やはりご褒美作戦は効きますね。
親に聞いたところ、受験が近くなるとお夜食の用意や体調管理にもさらに気を遣うとのことでした。
そういえば、お夜食は嬉しかったなあと私自身思い返しました。
子供の頑張りがどう結果になるかわからないけれど、親も子供の負担になりすぎないようにすること、とのことでした。
これからもっと勉強が難しくなるので、親子で頑張っていきたいですね。
詳細は→勝ち残る勉強法とは※中学受験の勉強法BE01に詳しく紹介中です。